2018年03月一覧

NO IMAGE

貴志祐介『黒い家』を読んだ感想・レビュー

第四回日本ホラー小説大賞受賞作。本当に怖いのは人間だ、と言わんばかりのヒューマンホラーです。黒い家の中では12歳くらいの息子が首を吊って自殺をしており、主人公は第一発見者に仕立て上げられてしまいます。 そして主人公が子どもの遺体を発見し驚いているとき、主人は子どもには見向きもせず、主人公を凝視しているのでした…。

NO IMAGE

またまたインフルの話。

2月後半からの次男のインフルエンザBが治り、木曜日から兄弟3人そろって保育園に行けたと思ったら金曜日から長男(5歳)が高熱。土曜日からは私がインフル。どこまで広がるんだインフル。。。