親子で楽しむデュエルマスターズ デッキ紹介①ジョラゴンジョーカーズ

スポンサーリンク

どうも、とりこうです!

6才の息子と一緒にデュエルマスターズを楽しんでいます!

趣味ブログという事を思い出し(←)デュエルマスターズの事でも書いてみようかなと唐突に思ったので、早速ぼく(と子ども)が使っているデッキを紹介します!

デュエマ初心者による、初心者向け記事ですのであしからず。

コンセプト

コンセプト1

まず、ぼくがデッキを作るうえでの一番大事にしているコンセプトは、『なるべく安く!なるべく強く!』です!

“安く”の方が先に来ることが大事です(笑)

安く作りつつ、そこそこ強くなるよう意識しています。

まあそうは言ってもぼくと息子の二人で対戦するだけなので、完全に自己満足の強さ基準なのですが(笑)

一番気を付けるべきは、子どもがテンション上がりすぎて、「召喚っっ!!!!」と言いながらカードを叩き付け、折れることがあります。最悪、折れたり無くしたりするものだ、と心に刻んでおきましょう。そして心の平穏の為にも、あまり高いカードは採用しないというのがぼくの方針です。

コンセプト2

シールドトリガーを多く採用すること。

やっぱり「ピンチからシールドトリガーで逆転して脳汁ブッシャー!!(高めの声で飛び跳ねながら)」というのがデュエマの醍醐味だと勝手に思っています。

その為にも逆転につながるカード(シールドトリガー)を多めに入れています。

コンセプト3

なるべく4積み(同じカードをルール上最大の4枚入れること)

デッキは、子どもの「このカードが好きだから使いたい×40」で作っていません。

1から10までぼくが作っていますので、子ども目線で考えると、デッキが完成して初めて目にするカードだらけな訳です。そして遊びながら段々と効果を覚えていきますから、なるべく覚える枚数を減らしてあげたいという事ですね。

なので、なるべく同じカードを4枚入れています。

ぼくの理想は10種類×4枚です!

デッキ紹介

記念すべきデッキ1号は・・・・・・ジョラゴンジョーカーズ!

いえーい!パフパフドンドン!!(古い)

デッキリスト

4枚 ジョットガン・ジョラゴン

4枚 ジョジョジョ・ジョーカーズ

4枚 ヤッタレマン

4枚 ジョバート・デ・ルーノ

4枚 ゲラッチョ男爵

4枚 バイナラドア

4枚 洗脳センノー

4枚 ヘルコプ太

4枚 ワイルドシールド・クライマックス

4枚 ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート

採用理由の解説

4枚 ジョットガン・ジョラゴン

かっこいいし強いドラゴンです。(アニメだと最近はギャグモードが多くなってしまいました。)

少しお値段が張りますが、切り札なので奮発しました。(2018/10/9現在で500円くらい)

メルカリでは4枚セットで1800円くらいです。

子どもが初めて「デュエマやりたい!」と言ったらジョラゴンありきだと思うので、ここは贅沢に4枚入れちゃいます。

4枚 ジョジョジョ・ジョーカーズ

4枚 ヤッタレマン

ジョーカーズといえばコレ。この8枚はセットでメルカリ300円くらいです。ジョラゴンを早く出す為に必要なので入れました。

4枚 ジョバート・デ・ルーノ

4枚 ゲラッチョ男爵

シールドトリガーです。

出たときにクリーチャーを1体、タップまたはアンタップできます。ジョバートは両方できます。シールドトリガーなので防御として使えますし、ジョラゴンの効果(ジョラゴン・ビッグ1)により手札から捨てることで、ジョラゴンの連続攻撃が可能になります。よくアニメでジョー君がやっていたコンボで強いです。

それぞれメルカリで300円あれば買えるでしょう。

強さを求めるとアイアン・マンハッタンという高くて強くて高いカードがあります。(1枚700円~800円くらい)

ジョラゴン4枚で既に奮発しているのでアイアン・マンハッタンは無しです。

予算があればゲラッチョかジョバートの代わりに入れると良いでしょう。

4枚 バイナラドア

シールドトリガーです。

これは単純に防御札として採用しています。ミラダンテが居ても使えるのが強みです。デスザークやガリュザークといった無月の門クリーチャーなんかもバイナラします。

4枚 洗脳センノー

コスト踏み倒し対策で入れています。ちょっと高いです。(4枚800円くらい)

ポクチンちんが居ればポクチンちんでいいと思いますよポクチンちんで。

ただしふざけた名前なのに1枚1800円くらいします。当然不採用。チーン・・・。

洗脳も高くて不採用ならコスト踏み倒し対策は諦めて、こちらも速度を上げる為にパーリ騎士でいいんじゃないでしょうか。

4枚 ヘルコプ太

ドロー要員です。バトルゾーンのジョーカーズの枚数分ドローなので、最悪ヘルコプ太自身の1枚分しかドローできません。ですがジョラゴンが手札になく、ジョジョジョでも持ってこれず、というのであればもうドローするしかないのです!

「全ての銃が味方だ!ドロー!!」と叫びながらドローすればジョラゴンを引ける確率が上がるかもしれません。気持ちが大事です。

ガヨウ神がいればそちらを採用しましょう。ジョラゴン・ビッグ1とのコンボ的にも圧倒的にガヨウ神の方がいいです。でも1枚1100円くらいします。ぼくの経済力では無理でした・・・。

4枚 ワイルド・シールド・クライマックス

バトルゾーンにある自分のジョラゴンが破壊されるとき、手札からこのカードを捨てることでジョラゴンを守れる効果を持ちます。

ぼくはこのカードを使うつもりは更々無かったのですが、子どもがパックで1枚当てて、これを使いたい!ということで3枚追加の採用です。

子どもが正しくジョラゴンを守る為に使ったことはほとんどありませんが、ジョラゴン・ビッグ1で捨てるとき、楽しそうなのでそれで良いんです・・・。

この辺りは自由に好きなのを入れていいんじゃないでしょうか。楽しみましょう。(投げやり)

4枚 ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート

ジョラゴンが破壊されるまで手札でずっと待機している、暇そうなワイルド・シールド・クライマックス君が活用できる様に採用しました。シールドトリガーの灰になるほどヒートからワイルド・シールド・クライマックスを出せば、パワー10000未満の相手クリーチャー2体をバトルで破壊できます。

シールドトリガーで言えば、キング・ザ・スロットン7/7777777がオススメです。とても強いです。が、これも高価です。(1枚1400円程度)

ぼくは低価格のシールドトリガーを条件に、ハクション・マスクにしたいです。

とりあえず1体破壊できるので。

更に“相手が選ぶ”という効果により、ワンチャン(死語か)オニカマスを倒せます。

以上です。

ジョーカーズデッキを始めるなら↓で紹介の構築済みデッキがオススメです。ジョーカーズの基本カードがそろっていますし、ガンバトラー型もけっこう強いですよ!

それにしても、デュエマの記事ならすらすら書ける。

次は同じく構築済みデッキのキングダム・オウ禍武斗を紹介をしようかなあ。(魔改造済み、大人用高額改造しちゃったテヘペロ)

ありがとうございました。デュエマを楽しみましょう。オワリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。