【2021/7/30】トレード日誌 その21【月間収支はマイナス。そこから見えてくるものは】

どうも、とりこうです!

2021年1月1日から株をやっています。ボリンジャーバンドとMACDとRCIとRSIを活用した、ほぼ自分用の研究メモですが、皆さんの参考になれば幸いです。

心機一転・新ルール。自分の得意なことを伸ばそう。

目標

株式市場は成長して上がっていくのでロングのみです。

前日に分析し、翌日の陽線を当てる。2~5日程度のスイングで利益を出す。

買いルール

【上昇トレンド形成】銘柄選定(2021/7/26作成→2021/7/30ボツ)

見たい方は2021/7/29 トレード日誌その20をご覧ください。

【上昇トレンド形成】買いタイミング(2021/7/14作成→2021/7/30ボツ)

同上。

【押し目買い】銘柄選定(2021/7/30更新)

⓪すべて日足。

①RCI中期が70以上、長期が80以上の天井張り付き状態であること。

②RCI短期が0よりも下げ、リバウンドしていること。

③25日移動平均線が上昇トレンド方向を向いていること。

④RSIが50以上ににいること。

⑤MACDが買いトレンドになっていること。

【押し目買い】買いタイミング(2021/7/13修正)

①日経は下げ、株は陰線なら引け成り。

②日経は下げ、株は+3%以上の陽線なら1分足のRCI-100の時に買い。

③日経は下げ、株は+3%未満の陽線なら引け成り。

④日経は上げ、株は陰線なら引け成り。

⑤日経は上げ、株は陽線なら1分足のRCI-100の時に買い。

売りルール(2021/7/30修正)

①OCO発注。指値はボリバン+3σ×0.998、逆指値は買値から-5%になったら成行。

②日足RCIがリバ途中で前日より下がったら1分足RCI+100で売り。

③MACDがマイ転したら1分足RCI+100で売り。

④RSIが50を切ったら1分足RCI+100で売り。

⑤上記以外は終値のRCIが90を超えた翌日に引け成り。

地合い

今日の日経平均はコロナ拡大で売り。

前日のNYダウは上げ。(3日ぶり)

売買した銘柄と理由

ヨネックスとMipoxは売り

ケーヨーとパイプドを買い。

Mipox

4日連続の陰線でついに-5%の逆指値にかかり損切り。今日作った新ルールではまだ買ってないな。リバ待ち。

ヨネックス

7月トータル負けの戦犯。ただただ、-5%逆指値をやらなかったルール違反が悔やまれる。

ケーヨー

今日作った新ルールをすべて満たすので買い。売りルールを徹底すれば利益が出るはず。

パイプドHD

若干リバに出遅れた。あと2日早くルールを作っていれば2262円で取得できていた訳だが、たらればを言っても仕方がない。理論的にはRCI55→90までの利ザヤは得られるはず。折れなければだが。折れたらこれはもう仕方がない。

保有銘柄

8168 ケーヨー 取得単価835円 現在価格835円(購入後、終値の最高値835円)

3919 パイプドHD 取得単価2344円 現在価格2344円(購入後、終値の最高値2344円)

売却確定損益 -145,220円

含み損益 -440円(手数料含む)

今日の感想

月曜日に買ったヨネックスを金曜日に売って-14万円。なんということでしょう。世の中のせいにしたくなるが、まずは自分が損切りルールを守れなかったことが大きな要因。次はない。

7月からテクニカルを始めて丸1か月。勝てているのは上げている株の押し目買い、かつ短期で利益を確定させることだった。トレード日誌を書いていて良かったのは、過去振り返り、「こうだった気がする」ではなく明確にデータを用いて分析ができることだと思う。

8月は極力ルールを変えずに、全てのルールを守りトレードができるかどうかが肝になる。それでも月間収支がマイナスになるのであれば、また1か月間の結果を分析して修正すればいい。
目標は7月マイナス10万の倍、プラス20万儲けたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました