WindwosUpdate後にブルースクリーンが多発する現象について

スポンサーリンク

どうも、とりこうです!

2018年4月のWindowsUpdate後にブルースクリーン連発でPCが全く使えなくなるという現象が起きているようです。

エラーログを見ると、カーネルエラー、イベントID41というのが出ています。

Windows8.1が多いのかな?

いくつか調べたり実践したりしたところ、LANケーブルを抜いてから起動すると事象が発生しないようです。

また、解決には、トレンドマイクロ製品が絡んでいるようです。

ウイルスバスターやビジネスセキュリティ、コーポレートエディション等いろいろありますが、それらのセキュリティソフトがWindowsDefenderと競合しているようで、もしトレンドマイクロ製品をアンインストールできる環境であればアンインストールしちゃいましょう。

その上で、最新版をインストールし直してください。

※LANケーブルを抜いて起動→トレンド製品をアンインストール→LANケーブル挿す→トレンド製品の最新版をインストール

どうでしょう。直りましたか?

根本的な解決にはなりませんが、パソコンが使えればそれでいいという場合にはWindowsUpdate前の復元ポイントに戻すというのも一つの手です。

以上、ブルースクリーンエラーについてでした。

ウイルスバスター クラウド (最新版) | 3年 3台版 | セキュリティソフト | Win/Mac/iOS/Android対応
by カエレバ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。