WindowsUpdateにもう振り回されない!Windows10 LTSB

スポンサーリンク

どうも、最近Windows10のWindowsUpdateでパソコンの調子が悪くなることが増えてきたとりこうです!

今回はパソコンの話です。

最近のWindowsUpdateはどうもパソコンに悪影響を及ぼしている気がしてなりません。(マイクロソフト社に怒られますが・・・。)

3月と9月(目安)に配布されるWindows10の大規模アップデートも、ダウンロード容量が大きく回線を圧迫したり、インストール及びアップデートの適用に時間が掛かり業務が止まったりと、正直ろくなことがないです。それでいて使わないような機能が増えているので、もうセキュリティパッチだけにしてくれよ!と言いたくなる人も多いのではないでしょうか。

さて、そんな悩みを抱えた人の希望を叶えるOSがあります。

その名も「Windows10 LTSB」!!

※LTSB(=Long-Term Servicing Branch)

Windows10 LTSBは、大規模アップデートを行わないOSなんです!

これにより業務システムをアップデートの度に検証するような必要がなくなります。

※OSは、通常「CB」で、これは最新のアップデートが公開されると自動でインストールされます。セキュリティ的には安心のバージョンです。

また、CBとLTSBの中間のような「CBB」というバージョンもあります。これはCBがアップデート公開後に即インストールされるのに対して、公開後数か月の猶予が与えられます。CBがいわば人柱となり、CBが報告したバグやエラーを解消した安定版アップデートを適用することが出来るのがCBBです。

しかし、CBBでも半年ごとにアップデートが適用されることには変わりません。

本記事作成日の2018/5/21現在では、Windows10 Version1607がLTSB対象のようです。

【下記MSサイト参照】

https://www.microsoft.com/ja-jp/itpro/windows-10/release-information

WindowsUpdateを極力したくない!という方はLTSBのOS購入をご検討されてはいかがでしょうか。

LTSBをプリインストールしたPCを買えるのかどうかは、各々の購入先に確認されるのがベストですが、一つの方法として、通常のWindows10がインストールされたパソコンを用意し、別途LTSBライセンスを購入しバージョンアップ的にインストールするというやり方もあります。

その場合はMicrosoft VLSC(ボリュームライセンスサービスセンター)からのダウンロードとなります。

以上、Windows10LTSBに関する記事でした。

Microsoft Windows 10 Pro Fall Creators Update適用済み 32bit/64bit 日本語版 (最新)|パッケージ版
by カエレバ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。